治療法

​お灸治療

治療は必ず全身を拝見検査(前面、背面、側面)して、動きなど状態を確認した後に、

反応がでているところに施術していきます。
からだのどの部位の症状でも、温灸で全身調整をした後に患部を治療していきます。
痛みの場合は治療前にからだの動きを確認して、治療後にも動き(歩行状態やその部位

の変化)などを確認しています。

IMG_20210403_122608_6_edited.jpg

温灸での全身調整とその効果 
暖かさがからだの中にしみてくるような心地よさを感じていただけます。
①全身の緊張が頭から足まで、からだの内側から緩んできますのでからだの歪みが改善されてバランスが整ってきます。
②自律神経系の調整により副交感神経が優位になりとてもリラックスできて精神的な疲労がとれてきます。
③背部と表裏である内臓、婦人科系へ効果が波及していきます。
④血液で栄養されている細胞への血流促進、免疫力UP効果があります。
⑤日頃、消耗している「気の補充」ができることにより気力UPして若々しくいられます。


透熱灸の効果
温灸後もまだ反応が残っている場合に使います。
もぐさをゴマ粒大にひねって直接、肌にすえていきます。
主に疲労が強い方や、あらゆる痛みにたいへん効果があります。
反応が無くなって、このお灸をしなくてもよい状態になれば痛みや不調は改善されます。

腰椎などが弱くなっていると、それをカバーするために脊柱起立筋や何層にもなっている

筋肉が張ってからだを支えていますので、前屈や背屈時に痛みがでてうがいできないなどの

症状がでます、そこを透熱灸で気を入れ、しっかりさせれば筋肉は張らなくても良い状態に

なり動作で痛みはなくなります。
逆子の治療にも使う場合があります。

お灸の熱さ、気になる痕について
温灸は心地よい暖かさを感じていただけます、痕は残りません。
透熱灸は熱いというより一瞬チクっと感じますがその感じが残ることはありません。
腰痛などの重い症状の場合、最初は感じなく徐々に感じてくる場合もあります。
腱鞘炎など場所によっては心地よく感じる場合もあります。
お灸の痕ですが腰痛などの重い症状で継続して数か月間かかるような場合に体質によっては

2mm程度の色素沈着をおこす場合がありますが年齢問わずに必ず、きれいに元にもどりま

すので心配はいりません。

IMG_20210316_205420_2.jpg
 
 

​鍼治療

おおくは温灸後に残った凝りを緩める場合や、患者様の症状により必要なところに
刺鍼します。
気を入れる場合に、置鍼する場合もあります。
患者様の状態により鍼の太さ、長さを選んでいます。

 

 


使用する鍼は直径、0.14mm~0.20mmで、
一本ずつ消毒滅菌包装された使い捨ての鍼を使用しています。
鍼トレーも使い捨てのものです。

IMG_20210327_113058_2_edited.jpg

​手技治療

手で頭から頸、肩までを一番力が抜ける仰向けの姿勢でマッサージをして頭皮の緊張や頸、肩のこりを緩めていきます。
目の疲れや、肩こり、精神的疲労などにお勧めで、たいへん気持ちが良く至福のひと時を味わっていただけます。
頭の筋肉はお顔とつながっていますので、お顔の為にも有効です。

また筋肉を柔らかくすることにより、血流が促進されて毛根にも栄養がいきやすくなり、健やかな髪の為にも有効です。
鍼が苦手な方には、温灸+手技治療をお勧めしています。
温灸で自律神経系を調整して気を入れた後に、頭から肩までを手で緩めていきます。
頭、頸や肩ともつながっている経絡もゆるんでくるため、たいへん効果的で楽になります。

 
 

美容鍼

顔色チェック

コラーゲンやエラスチンの再生を促すことにより肌のたるみや、しわの改善が期待ができます。
鍼によって微細な傷をつけることにより、修復力が強くなり、コラーゲンやエラスチンの再生が促されて、肌のハリにつながります。
鍼を刺入することにより、血流が改善されて顔色がよくなります。
日頃、気づかない内に、いつも同じ方で噛んでいると筋肉に差がでてフェイスラインの歪みの原因になりますが、鍼で緊張を緩めることにより、改善していきます。
治療は患者様のお悩みに合わせて治療させていただきます。
女性は何歳になってもキレイでいたいものです、美容鍼で年齢に負けないお肌を維持していだだきたく思います。

 

*治療効果には個人差があります


コラーゲン(肌のうるおいを保つためのハリと弾力の源)
真皮層は約70%がコラーゲンで構成されているが40歳で1/2、60歳で1/3に減少。
エラスチン(コラーゲンと同じくお肌のハリと弾力の維持にとても大事な成分)