top of page
検索

すんごく人生楽になる!図太いメンタルのつくり方2選

更新日:2023年5月13日


図太いと言うと、ずうずうしい人、無神経な人というイメージが



あると思いますが



この話はそうではありません



困難に負けないたくましい心



凹んでもすぐに立ち直るしなやかな心



細かい事は気にしないおおらかな心



この3つを兼ね備えるのが真の図太さです




図太いメンタルを手に入れると不安や悩みや怒りは半減します


反対に自信とやる気と勇気は2倍になり、人生が凄く楽になります。


清々しく心穏やかに、そして潔く生きていけますと、いうわけです。




図太いメンタルの作り方厳選2つ


自分に自信がもてない

すぐに不安になる

些細なことで腹が立つ

言いたい事が言えない

クヨクヨ悩んでしまう


こんな、なんとなく生きづらさを感じている方へ




1.諦める


諦めるというのはギブアップするという意味ではありません


そうではなくて現実を明らかに見る


簡単に言えば物事を現実的に考える


これだけで心がうんと強くなる




例えば告白して成功する確率はせいぜい3割か4割程度


どんなに好きでも情熱があっても半分以上はふられます


これが現実


この現実をしっかり理解している人は、ダメもとだけど告白してみようと


告白する勇気がでてきます


たとえふられても、やっぱりダメだったか、現実はそう甘くないよなと


それほど落ち込まない


ダメもとだと思っているので心安らかに敗北を受け止めることができます


反対に現実を無視してきっとうまくいくなどと過大な期待をすると


もし、うまくいかなかったら、どうしようと不安がでてくる


告白するのが怖くなる、それでも勇気を振り絞って告白したけど


結局ふられちゃったとなれば


ズドーンと落ち込んでしまうだけでなく


振られた自分に魅力が無いからだと自分を責めてしまう


そうやってどんどん自身を失っていくわけです


物事を現実的に考えるか勝手な期待をするかで


心の強さが全然違ってくるわけです


これは仕事でも同じで仕事が大変なのは当たり前


最初はうまくできないのが当たり前


上司は口やかましいのが当たり前


このような現実をしっかり受け止めている人は仕事で


失敗してもそれで上司に叱られても粘り強く努力でき


たくましく成長できます



逆に、できれば楽な仕事したい、きっとうまくいく


みんなに褒められたい


などと淡い期待をしていると、たった一度の失敗で


ズドーンと落ち込んでしまいます


さらに上司に叱られれば自身を失うだけでなく


やる気まで失ってしまう


こんなはずじゃなかったと


こんな経験すれば、やがて心はポキット折れてしまいます




人間関係でも同じこと


勤めに行けばどんな環境でも嫌な人や苦手な人は一人や二人は


必ずいますよね


わがままな人やずる賢い人も必ずいます


いやだけど仕方がない


これが現実です、この現実を受け入れている人は


嫌な人に出会っても、この人めんどくさい人だ


なるべく関わらないでおこうと、うまく対処できます


それとは現実を無視して別にみんなとうまくやっていきたいなんて


淡い期待を持つと


嫌われたらどうしようとか怒らせたらどうしようなどと


心配がでてきてプレッシャーを感じ、ますます必要以上に


気を使ってしまったり、態度がおどおどビクビクしてしまったりで


わがままや、ずる賢い人は、おどおどしている人が大好きですから


集まってきて都合よく扱われてしまう


そうやって、どんどん自身を失ってしまうわけです。



電車が遅れて、駅員さんに食ってかかっている人は現実が


見えていない人、異常事態だと考えてしまう


あたふたしてイライラしてしまう


こういう人は花っから車移動すればよい



現実が見えている人は想定の範囲内だ、仕方ないと思える


天気予報が晴れでも突然雨が降り出すのはよくある事


店員さんがビックリするくらい不愛想なのもよくある事


相手が待ち合わせに遅刻してくることもよくある事


こういう現実を受け入れれば、どうしようという不安は小さくなり


たとえ現実になったとしても衝撃も小さくなります


これの反対が→期待する




人は期待すればするほど、不安やプレッシャーを感じたり


落ち込んだり、腹をたてたり、自信をなくす


だから何事も期待しない


期待しないと聞くとなんだかネガティブな感じがしますが


本当はその逆で期待するからネガティブになる


現実的に考えるからポジティブになる


これが2500年前から受け継がれる仏教の知恵。




2.開き直る


心が弱くなる一番の原因「どうしよう」


上手くいかなかったらどうしよう

嫌われたらどうしよう

緊張したらどうしよう

クビになったらどうしよう

病気になったらどうしよう

怒られたらどうしよう




うしように対抗する


もっともパワフルな方法が開き直ることです


失敗したってとにかくやるしかない


嫌われたって命まで取られるわけじゃない


緊張したって三度の飯に困るわけじゃない


クビになってもなんとかなるさ


病気になった医者に任せるしかない


怒られに行こう


開き直ったひとは強いです


人は開き直ると一瞬で強くなります


清々しく晴れやかな気持ちになり案外物事がうまくいきます


堂々と揺るがない自分いられます。



こう言う先々不安に思う気持ちや、現状に対する余計な心配


多分に自分に当てはまってしまいます


こんな風に心に余裕を持って生きられたらいいですよね


諦めて開き直っていけるように考えようと思いました。


自分も含めて思い当たる方はいらっしゃると思いましたので


シェアさせていただきました。


心理カウンセラー ラッキーさんのYOUTUBEより



最後までお読みいただきありがとうございました。


目黒、目黒区、学芸大学の女性専門鍼灸院ーひろせ治療院

頭痛、頸、肩のこり、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、不眠、ストレスの緩和

などにお灸治療が効果的です



















閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page